「……どうじで……なんでなの?」

ベッドの上でミシェルがあたしに話しかける。

……ミシェル……いてるの?

あたしはだまってミシェルを見つめる。

「グズッ……エルシーは、あだじといっしょに……泣いでくれないの……?」

そういえば、あたし……泣いたことないわ。

っとと、あたしはただのお人形・・・。人間とおしゃべりはできないの。

「どうじだの……ナミダでないの?……それどもだれかに……ナミダぬすまれちゃっだの……?」

ミシェルは目にたまったなみだを手でぬぐう。

そして、小さなウデであたしをギュっとだきしめた。

ちょ……ぐるじぃ……。



*********



夜がおとずれ、ミシェルはようやくねむったみたい。

ゴッっ!

「ウゲっ!」

あたた……。あたしの頭めがけてキックがとんできた。

ミシェルの足だ。

目の前をチカチカと星がう。もぅ……。

ミシェルのねぞうがわる いのは、今にはじまった話じゃない。

なれっこだけど、これじゃそのうち頭がモゲちゃう。

こういうときは ベッドの外へにげるにかぎる。


あたしは毛布もうふ をかきわけてベッドからとびおりた。

「やぁ、エルシーぃ。お気にいりはぁ、たいへんだねぇ。」

声をかけてきたのは、大きなクマのぬいぐるみ。

床にすわって、カベにもたれてる。カールってよばれてる。

ちなみに " エルシー " ってのはあたしの名前。ミシェルにつけてもらった。

「よかったらカールもどうぞ。代わってあげるわ。」

「ガっハっハっ!またぁ、今度にするよぉ。ミシェルのねぞうはぁ、すごいからねぇ。」

「ホント、それね。力まかせで……まるでカイジュウよ。」

「まぁ子供だからぁ、しかたないさぁ。おきのどくさまぁ。」

このてのやりとりは、あたしとカールのあいさつみたいなもの。

あたしたち人形やおもちゃは、夜になるとこっそりうごきだす。

そして、今日の 出来事できごとについてコソコソお話しをする。

でもこのことは、人間にはないしょ、ないしょ、ないしょ。


「それよりカールはいたことある?」

「ぼくかぃ?ここんとこはぁ、 おぼ えてないねぇ。」

「やっぱり、人形ってくことあるの?」

「そりゃ、泣くときだってあるさぁ。」

「あたし、泣いたことないわ。……やっぱりあたしのナミダって、だれかに ぬすまれちゃたのかな?」

「どぉして?」

「ミシェルがそんなこと言ってたの。」

「なるほどねぇ……。それならさぁ、グランディに聞いてみたらぁ?」

「ヴっ……。」



その名前をきいて、あたしはちょっと言葉をのみこんだ。

" グランディ " というのはリビングにいるお人形。

ひとみがガラス玉でクリクリしてて、キレイなドレスを着せてもらってる。

ミシェルのひいおばあさんが 結婚けっこんしたとき、記念きねんに作ったものらしい。

ながい間、この家のことも、なかのことも見てきてるから、いろいろと知ってる。

だけど、あたしには少しイジワルだ。

グランディのことはきらいじゃないけど、ちょっとにがて。

「ほかに知ってそうなの、だれかいない?」

「……ちょっとぉ、心あたりはないかなぁ。」

「う~ん……。」

しょうがない。わからないことをそのままにしておくと、頭がモヤモヤしてくる。

だったら、だれかに聞いてスッキリしたほうがいい。

あたしはトトトっとグランディのいるリビングにむかった。



ギィ……

ゆっくりととびらをおしけた。

ミシェルのお父さんやお母さんも寝てる時間だ。

だれもいない真夜中まよなか のリビングは、明かりひとつない。

でも、月の光がマドから入ってほんのり明るい。

今夜こんや満月まんげつだ。

グランディはキャビネットの上、部屋へやが見わたせる一番いちばんいいところにかざられている。

「こんばんは。」

「オホホホ。エルシーじゃない。ごきげんよう。」

「あのね、聞きたいことがあるんだけど。」

「あら、めずらしいですわね。なにかしら?」

「そりゃまぁ……あるんじゃないかしら。」

「あたしね、泣いたことないんだけど。」

「あら?そうなの。それなら……ちょっとお ちになって。」

そう言うと、グランディはトンっトンっとかろやかにジャンプして、キャビネットから りてきた。

あたしの前にきたグランディは手をグーにして、いきなり……

ドゲシッ!

「ゲッ!!!」

グーパンチであたしの頭をどつきたおした。

「ちょっと!いたいじゃない!!」

「ごめんあそばせ。こうすると、なみだ のひとつくらい出るものなのよ。」

「えっ!……そうなの?」

「でも……出てないみたいね。ザンネンですわ……。」

そんな……ひどい……。



「ミシェルが言うにはね、だれかにナミダを ぬすまれたんじゃないかって。
そんなことってあるの?もし盗まれたんだとしたら、だれがっていっちゃたの?」

「エルシー。あなた、ナミダがないの?」

「うん。」

「これは、大変ですわ!ナミダはだれしもが持つ、いわば心のようなもの。それがないとなると……あなた、悪魔あくまになってしまいますわっ!」

「ウソっ!やだっ!!!」

「……ウソよ。オホホホ。」

そう言ってニタッとわらった。

あたしはほっぺをパンパンにふくらませて、グランディをにらみつけてやった。

グランディはいっつもこうだ。

乱暴らんぼうだし、なんでも知ってるくせに、すなおに教えてくれない。

あたしを子供あつかいして、楽しんでる。

《 そういうのって、イジワルだ!》

そう言おうと思ったとき、

ガタッ! と、もの音がひびいた。



あたしは すじにビビッと 電気 でんき がはしり、あわててテーブルの足に身をかくした。

グランディもサッとあたしの後ろにかくれる。

人形が うご いてるところを、家の人に見られでもしたらたいへんだ。

だって人間には内緒のことだから。

でも……リビングに誰かが入ってきたようすはない。

不思議 ふしぎ におもっていると、 本棚 ほんだな とカベのすき間から小さなカゲが出てきた。

小さな体に、トンガリ帽子。

どうやら音のぬしは小人こびと )みたいだ。

小人が家の中に入ってくることは、たまにある。

木の実をたくさんおいていったり、子供のせわをしたり、こわれた物をなおしていったり。

きっとの人間のよろこんでる顔が見たいのかな?

でもこの小人はなにやらおかしい。

すごくコソコソしている。

ぬき足…

さし足…

しずかに 台所 だいどころ のほうへと行ってしまった。

「……なんかヘンな小人さんね。」

「あの小人さんなら昨日も見ましたわ。よくあることですし、気にもとめませんでしたが……」

「昨日も来てた? ほんとう??」

グランディの言葉ことばに、あたしは思い当たることがあった。もしかして……。




あたしはソロリソロリと小人のあとをった。

台所 だいどころ をのぞくと、小人が 戸棚 とだな のチーズをガリガリくだいている。

やっぱり!

「この、チーズどろぼう!!!!!!!!」

あたしは大声でどなってやった。

びっくりした小人は 戸棚 とだな からころげおちた。

すかさず、あたしは小人めがけてダッシュ!

つかまえようととびかかったが、ひょい!とかわされた。

小人はチーズの入ったふくろをかかえて、タタタッとすばしっこくにげる。

そのにげ足で、あっという間にリビングのほうへとすがたを消した。

しまった! にげられた!!



でもつぎのしゅんかん、

「はなせ!はなせ! コンチクショぉぉぉ!!」

小人のわめき声が聞こえてきた。

「ドロボウはぁ、だめだよぉ。」

あっ!あの声は……

あたしはいそいでリビングに行くと、カールがフワフワの大きなうでで小人をだきかかえていた。



小人はげられないとカンネンして、ゆかにへたりこんだ。

あたしとカールは仁王におうだち。

「……すんません……。」

「あんたねぇ!すんませんですんだらケーサツいらないでしょ!いったいどうゆうつもり?きのうもチーズとったでしょ?
あんた、そのせいでミシェルがチーズを食べたってことになって、ママにおこられたんだから!どうセキニンとるわけ?セ・キ・ニ・ン!!」

「まぁまぁ、エルシーぃ。おちついてぇ。」

「だって……。」

そこへグランディがわって入ってきた。

「あら?あなたコボルトじゃございません?」

「……グランディ。この小人、知ってるの?」

「まぁ、この方と直接ちょくせつの知り合いってわけじゃありませんけど……。コボルトという小人たちがいますのよ。でも、めずらしいわ。悪さをする小人じゃございませんのよ。」

「……ほんとうに……すいませんでした。…できごころで……。」

「コボルトさん。人の物をだまってもっていくのは、たしかに感心かんしんできませんわ。」

「そうよっ!」

「オホホ。きっと " 良いココロ " をだれかに ぬすまれたんじゃなくって?」

「え!? ココロをぬすまれた? だれに!?」

「…そうね。おおかた " 魔女まじょ " …といったところかしら。」



このあと、コボルトは「 二度にどとしません。」とやくそくしたので、にがしてあげた。

とても反省はんせい していたので、カールも「たぶん、だいじょうぶぅ。」と言ってた。

グランディがいうには、コボルトはしあわせをはこんでくるような小人らしい。

人間の子供がつかうようなイスやテーブルを作ったり、こわれたものをなおしてくれたり。

とってもはたらきものなんだって。

それがどろぼうするなんて……やっぱり魔女が良いココロをぬすんだんだ。



「ねぇ、グランディ。魔女が良いココロをとるってほんとう?」

「ん?ほんとうよ。ゆび先ひとつで呪文じゅもん をとなえますでしょ。すると、ココロを石や 宝石ほうせきのかたちにして持っていきますわ。かんたんよ。」

「なんでそんなことするの?」

「魔女はなんでも魔法まほうのざいりょうにしますのよ。良いココロ、悪いココロ、ネタミ、ソネミにエトセトラ。」

「グランディって、どうしてそんなこと知ってるの?」

「わたくしにも、いろいろとココロエがございますのよ。」

「そうだっ!もしかして、あたしのナミダも魔女にとられたんじゃ。」

「へ…?……ぇえ、ぁ〜…。そうね。魔女ならできるわね。魔女のような気がするわ。オホホ。」



やっぱりそうだ。

あたしのナミダは魔女がもってる。

ちゃんと、かえしてもらおう。

そして、こんどミシェルが いちゃったときは、いっしょに いてあげるんだ。

そうときまれば……、

「ちょっと、魔女のところまで行ってくる!」

あたしは、 満月まんげつの光がてらす外の世界せかい へととびだした。



つづく

 

ホーム

みどりのカイブツ