一夜あけたら、たいへんなことになっていた。

ランダさんがベッドでこんでいた。

顔色は青く、汗もたくさんかいてる。

ほおに手をあてると、すごい熱。

息もあらく、とても苦しそう。

どうしよう……。

きっとあたしのせいだ……。



*********

 

「グランディ!どうしよう……。」

「……そうですわね……こまりましたわ。原因が病気なのか……それとも別の何か……。それすらもわかりませんし……。」

「きっと、きのう雨にぬれたから。ミシェルとかはアレ……" カゼ " っていうのになってた!」

「魔女が風邪かぜ?オホホホ。ちょっと考えにくいですわね。」

「じゃぁ、これってなんなの?あたし……どうしたら……。」

「エルシー。まずは、おちついたらいかが?」

あたしは心がみだれていた。

つらそうな魔女の顔を見ると、むねがしめつけられる。

昨日のことが頭の中をよぎっていく。

たたきつけるような雨。

容赦ようしゃのない風。

そんなあらしの中ずっとあたしをさがしてたんだ。

昨日まであんなに元気だったのに……。

どうして……。

なにもできない自分がなさけなくて、かなしくなった。




魔女がうっすらと目をあけた。

そして辺りをゆっくり見回すと、あたしを見つけた。

『……ケケ…人だすけなんてするもんじゃぁ……ないね……。』

「ランダさん!だいじょうぶ?」

魔女はつらそうに息をはく。そして、あたしとグランディをしずかに見つめた。

グランディが心配そうに話しかける。

「わたくしたちに何かできること、ありませんかしら?」

「あたし何でもするわ!ランダさん。なにかできることない?」

魔女は天井を見あげ、そして大きくかたで息をした。

『ケケ……なさけない。……人形をたよるように……なっちゃぁねぇ……あたしもとし、かねぇ……。』

魔女の声は弱々しく、しぼうるように言った。

『……クスリを……つくるよ……紙とペン、もってきな………。』



あたしとグランディは、ダダダッと魔女の部屋へダッシュ。

そう、あたしがガラスコップを爆発ばくはつさせた部屋だ。

あそこに色々と物が転がってたのを、あたしもグランディも分かってた。

「グランディ……、黒インクってこれだよね。」

「そうですわ。羽根はねペンもゲットいたしましたわ。」

紙は……適当てきとうなのがなかったので、そのへんの紙ぶくろを手にとった。

「あ…ふくろの中に何か入ってる……。」

「今、ひつようなのは紙ぶくろの方ですわ。」

グランディはそう言うと、ためらいもなく紙ぶくろを逆さまにして中身をぶちまけた。

あ~ぁ……。

でも、こうしちゃいられない。あたしとグランディは魔女のところへいそいだ。



ベッドに羽根ペン、黒インク、紙ぶくろをならべる。

魔女はくるしそうな顔をしながらも、ペンを手に取った。

そして、ヨロヨロと紙ぶくろに文字をならべていく。

あたしには○や△にミミズがおどっているような ……絵か…じゃなきゃ記号にしか見えない。

これ、ぜんぜん読めない。

そもそも、ミシェルが読んでる絵本の文字だってわかんない。

魔女がつかう文字なんてなおさらだ。

そんなあたしを尻目しりめに、グランディは「ふむふむ……う〜ん……。」とか言ってる。

「ねぇ、グランディ。読めるの?」

「もちろんですわ。クスリの作りかたを書いてますわ。」

「すすすす、すっごい……。」

「まぁ、それほどでもございますのよ。オホホホ。」



魔女は書きおわると、最後に、文字の一部分をマルでかこった。

『……これが……ない……。』

羽根ペンが手からこぼれおち、体を横たえると、そのまま目をとじてしまった。

「これってなんなの?ねぇ。」

あたしは魔女の服をゆすってみたが、深く息をするだけで反応がない。

ねむってしまったみたいだ。

グランディがあたしのかたにやさしく手を置いた。

「エルシー。今はそっとしてさしあげましょう。」

「……うん……。」

グランディとあたしは、魔女にしっかりと 毛布 もうふ をかけてあげた。





「" モラリィの花 " と書いてありますわ。」

魔女がさいごに、『 ない 』と言ってマルをした文字だ。

「ざんねんですが、わたくし、この花については何も知りませんわ。ほかの材料はおかたづけの時に見かけた記憶きおくがございますけど……。」

「どんな花かもわかんないし……。それに、どこにさいてるの?」

「それがわかれば、苦労いたしませんわ。」

「だよね……。」

「せめて、このあたりにくわしい方でもいればいいんですが……。」

こっちに来てから出あったのって……、

「昨日、川でウンディーネって女の子に会ったわ。」

「ウンディーネねぇ……。」

「知ってるの?」

「水の精霊せいれいでございましょ。昔、何かの本で読んだことがございますわ。水の精霊がお花にくわしいとは、ちょっと思えませんわ。」

「う~ん……あっ!あと、ここに連れてきてもらったのが、たしか…の~…の?………そうだっ!ノームさんって小人だった!」

「ノーム!?
オホホホ。なぜそれを早く言わないんですの?ノームと言えば土の 精霊せいれい
森や山のことは何でも知ってると聞いたことがございますわ。
これはひょっとすると、ひょっとしますわね。で、どちらにいますの?」

「わかんない。」

ゴゲッっ

「ぃで!!!」

間髪かんぱつ入れずに、グランディのこぶしがあたしの頭をヒット!!!!

「期待させておいて、なぐりますわヨ!!」

「ひどい……。もう、なぐってるし。」

「ハァ……。けっきょく、フリダシですわね……。」

「??でも、まって。ランダさんはノームさんたちを 召使 めしつか いにするために一回は会ってるはずよ。」

「ふむ…、つまりあの方はノームさんが住んでいる場所に一度足をはこんでいる……その 可能性 かのうせい は十分に考えられますわ。」

「あ~……でも、ランダさん ねむ ってるし……。」

「そうね。当の本人からは聞きだせませんわ。その時、一人だったとすれば、残念、打つ手なし、となりますわね。」

「一人だったらって……まだ他にだれかいたっけ?」

「そう、あの方のいつも そば にいる……、」

「「バズー!!!」」

あたしとグランディの声がハモった。



あたしたちはかけ足で玄関げんかんを飛びでた。むかうは庭だ。

庭のさくの上がバズーのよくいる場所だから。

一直線にそこへ向かう。

「よかった。あそこにいますわ。」

グランディの指の先にバズーがいた。

いつものようにバズーが柵の上で遠くを見ている。

あたしとグランディはバズーの元へかけった。

「ねぇ、バズー。ノームさんの住んでるところ知ってる?
もし、知ってるならつれてってちょうだい。
ランダさんを助けるためにモラリィ?って花の場所をノームさんたちに聞きたいの。」

バスーはちらっとこちらを見る。

ちょんと足元をけりあげると、バサバサっと飛びたった。

そして遠くはなれたのところの木に止まると、あたしたちの方をうかがっているような仕草しぐさをした。

「どうやら「ついてこい!」ってことのようですわ。行きますわよ、エルシー。」

「うん!」



*********



バズーが案内してくれたのは、魔女の家よりもさらに深く森に入ったところだった。

そこにはこの森一番じゃないかってくらいの大きながあった。

遠くからだと良く分かんなかったけど、近づくとその大きさは想像そうぞう以上だ。

どこまでも広がる樹の枝は空をおおいかくしている。

これ、ドカーン!って落ちてきたりしないよね……。

そう思うと、なんだかゾクゾクしてきた。




バズーはその樹の枝に止まり、くちばしで枝をカッカッカッとたたいてみせた。

「どうやら、ここらしいですわ。」

「ひぇぇええ、おっきぃぃ!!」

「この森の守り神ですわね。樹齢じゅれい何年でございましょう?」

「じゅれい?」

「えぇ、樹のとしですわ。大きければ大きいほど歳をとっていますのよ。」

「へぇ~。おじいちゃんの樹なんだ。」

「この大きさなら数百歳……もしかしたら千年はこえていましてよ。」

「せん…それってもう、おじいちゃんこえてるよね…ははっ……。」

あたしは樹を見上げた。

すると、バズーは樹の中央に向かって、スゥ―と飛び下りていった。

樹の下はの光がとどかず、うす暗い。

バズーはそのやみにとけ込んでいく。

「えっ!バズーっ、ちょっとまって!!」

あたしとグランディはあわててそのあとを追った。

樹のみきに近づく。

それはまるでどこまでも続くカベのように立ちふさがっていた。

バズーはその樹の根にいおりる。

そしてくちばしでクイッと合図をした。

あっ……穴が開いてる。

「ここ?ここにノームさんがいるの?」

「そのようですわ。」

「でも、まっくらだよ。」

「悩んでいてもしかたありませんわ。行きますわよ。」

「うん……。」

「そうですわ。バズーはここで待っていてくださいな。」

グランディの言葉にバズーはバッと木の枝まで飛び上がり、その場に座りこんだ。

そうだよね。バズーが一緒いっしょだと、魔女もいるんじゃないかってノームさんたちに思われちゃうもんね。

あたしたちは穴に入り、地下へと続く坂道を下りていった。







太陽の光がとどかなくなる地面の下はまっ暗で、なんにも見えない……と思ったんだけど、

「びっくり。明るい。」

「そうですわね。これはヒカリゴケのせいですわ。」

グランディが言うには、" ヒカリゴケ " はランプのように光る植物らしい。

道の上にところどころそれが生えてて、足もとをほんのり照らしている。

おかげで歩くのには困らなかった。


しばらく進むと、広い空間にでた。

天井にはさっきのヒカリゴケがまぶしいくらい、空のように広がっている。

その下には小さな家が建ちならぶ村があった。

「ここがノームさんたちの住んでるところ?」

「でも、だれもいないですわね。」

物音ひとつしない。すっごい静かだ。

あたしたちはテクテクと歩いていき、広場についた。

え~と……だれにも会わなかった。

「お〜い。こんにちは〜。」

「ちょっとぉ?どなたかいらっしゃいませんの?」



すると、むかいの家のまどから赤い帽子ぼうしがちょこっと動いたのが見えた。

あれ?あれはたしか、ノームさんの……

「エルシーだ!みんな!エルシーが来てくれたよっ!!!」

家の中から無邪気むじゃきな声がひびいてきた。

タタタタッと3人のノームがかけよってくる。

見おぼえがある。あの泣いていたノームさんだ。

「へへへっ、こんにちは。っとと…とっ!」

ノームさんたちは、あたしにギュっとハグしてきた。

「だれかと思ったよ。」

「そうそう、知らない足音だったから、みんなでかくれてたんだ。」

「ねぇ、みんな!!代わりに魔女のところに行ってくれたエルシーだよっ。」

ひょこひょこと、どこからともなくノームさんが姿をあらわす。

おそろいの赤い服を着たノームさんが、

ふたり…さんにん…?じゅう……にじゅう…さんじゅ…えええっ!!!

こんなにいたの?ってくらい出てきた

ノームさんたちは、あたしたちを歓迎かんげいしてくれた。

魔女の家の前でわかれたあと、あたしのことを心配してたんだって。

「えへへっ。あたしは元気だよ。」

「ホント、よかったぁ~。」

変わらない様のあたしを見て、ノームさんはすごくよろこんでくれた。



あたしは、今日ここに来たワケを話そうとした。

「魔女のランダさんが病気になったの。今はベッドでねむったままなの……。」

あたしの言葉を聞いたノームさんたちは、

ヤッタァアァァァァァ!!!!
ヨッシャァァァッァァ!!!!
これで安心できるぅぅぅっぅぅぅ!!!!
ざまぁあぁぁ!!!!
よかったぁぁあぁぁぁあぁっぁ!!!!

ノームたちは大声でよろこんだ。

とんだり、はねたり、手をたたいたり。


あたしはちょっと戸惑とまどった。

そうよね……ノームさんたちは魔女がこわかったんだ。

その魔女が病気で動けない。

あたしの言葉を聞いて、よろこぶ気持ちは……その通りだって、分かる。

横にいるグランディはウデぐみをして、だまってる。

何やらムツカシイ顔をしてる。



あたしはノームさんたちのよろこびが少しおさまるのを待って、話を続けた。

「じつは、昨日ね……。」

川にりに行ったこと。

大雨で川が洪水こうずいになったこと。

川におちて、魔女に助けられたこと。

きっとそのせいで魔女が病気になってしまったこと。

「だから、ランダさんの病気を治したいの。おクスリを作るのにモラリィって名前の花がいるの。どこにあるか知らない?」

……………………………
……………………………
……………………………

あんなにはしゃいでいたのに、ノームさんたちは急にだまりこんだ。

もちろん、こうなることはわかってた。

魔女が元気になって、ノームさんたちにいいことなんて何もない。……でも、

「モラリィのこと……教えてほしいの。」

あたしはノームさんにお願いした。

続けて、グランディがあきれたように横から声をだす。

「知ってますの?知らないんですの?それくらいおっしゃってくれもてもいいんじゃございません?」

ノームさんたちはおたがいに困った顔を見せあっている。それだけで、返事をするようすはない。




魔女はだれだって こわいって思ってる。

見たことなくたって、会ったことなくたって、当たり前のように怖いんだ。

ウンディーネだって、その名前を聞いただけでふるえ上がって、川の中に帰っていった。

そんな魔女が、『召使めしつかいをよこせ!』なんて言ってきた。

召使いに行けば、二度ともどってこられない。そう思ってた……。

でもその魔女は、今、ベッドから動けない

このまま…どうにかなれば、この先……ノームさんたちは安心して らせる。

きっと、そんなことを考えてるんだ。

わかるけど……あたしだってあきらめられない。

「……ランダさんを助けるの。……おクスリ作る…の……。」

みんなからは声ひとつでない。



「エルシー。時間のムダですわ。帰りますわよ。」

グランディはクルッと向きをかえ、出口の方へ歩き出した。

せっかく希望きぼうをもって来たのに。あたしはかなしかった。

「……わかった……ムリ言って……ごめんなさい。」

あたしは、グランディの背中を追いかけた、その時……



「―――知っとるよ。モラリィの花の場所じゃろ。」

ノームさんたちの中から、ゆっくりとした足どりで一人が前に出てきた。

声の主は、白いヒゲをたくわえたおじいちゃんノーム。

「やれやれ…しょうのないやつらじゃ。エルシーさんがワシらを助けてくれたこと、もう忘れてしまったのか?こまった時はおたがいさまじゃろう。のぉ…みんな……。」

「あの……、それじゃ……。」

「エルシーさん、そして、そこの美しいおじょうさん。少しだけ、ワシらに時間をもらえんかのぉ。」

ふり返ったグランディの目がキラリと光る!

「うつく……。あら…まぁ、そこまでおっしゃるなら…ホホホ……少しくらい、まってあげてもよくってよ。オホホホ。」

グランディってば、調いいんだから……。

でも今のって、グランディがキゲン悪い時につかえそう。カキカキ…おぼえとこ。



このあと、おじいちゃんノームはみんなをやさしくさとしてくれた。

はじめはみんな、ムチャだって顔してたけど。

だけど、おじいちゃんノームの説得せっとくで、魔女が元気になるまでノームのみんなが手伝ってくれることになった。

よかった。これでモラリィの花の手がかりがつかめる。

「ありがとう。おじいちゃん。」

「いやいや。エルシーさんには、本当にみんな感謝かんしゃしとるんじゃ。」

「そんな…。えへへっ。」

おじいちゃんノームが静かにあたしによってきた。

そして、他のノームさんたちに聞かれないようにコショコショと話しをする。

「エルシーさんや。ワシらはそれでも魔女をおそれておる。それはわかってくれ……。」

あたしも小さな声で「うん。」ってかえした。




つづく

 

 

ホーム

万年霧の悪魔